美肌美白女優の美容法&ダイエット法

美肌で美白肌の女優が実践する美容法・美肌美白法・アンチエイジング法など美肌女優別美容情報サイト by女優の美容法&健康法 知恵袋

since.2003

2014・2013年 中谷美紀さんのきれい情報

2014・2013年 中谷美紀さんのきれい情報


 

2014年 ストイックな中谷美紀さんの血糖値に注目した食生活や分子栄養整合医学に基づく生活

 

おそばが大好きで、一人でよく行く。
三枚くらい食べられる。

 

血糖値の上がりやすさを示す食品のGI値に気をつけながら、糖質を控えている。
タンパク質や亜鉛、吸収の良い鉄を補う意味でも、赤身のお肉はきちんと食べる。
玄米のGI値をさらに抑えるために、よりGI値の低いハトムギを一緒に炊く。

 

食生活で欠かせない食材は卵、アボカド、カモ肉。たんぱく質たっぷりの食事を心がける。

 

3年間、白いパンと白米は食べていない。
玄米を食べる。ダイエットする時は豆腐を食べる。
麻婆豆腐を作ったり。

 

適度な運動を続けながら、ボディマッサージへ通って全身のメンテナンスをする。

 

最近はモンゴルの発酵食由来の耐酸性の植物性乳酸菌サプリを飲んでいる。

 

体調に合わせて健康な肌にも必要なアミノ酸、ビタミンA、B群(ナイアシンを別途多めに)、ビタミンC、抗酸化物質のαリポ酸などを増やして、サプリを摂取している。

 

スキンケアコスメは食事と同じで、安心できるものを選ぶ。
三日坊主にならないように毎日きちんと行うことも大事。

 

外食が続くと胃腸が疲れ気味になるので食事を抜いたり、青汁だけにしたりとプチ断食で胃腸を休める。
腸内細菌のバランスをよくするために乳酸菌は毎日摂取する。

 

約4年前から分子栄養整合医学に基づく健康管理を実践。
肌が整っただけでなく頭痛、アレルギー、倦怠感といった不定愁訴も消えた。
まさに美と健康は繋がっているということを体現している。
10種類以上のサプリメントを自宅に常備し、20代の頃から実践している漢方薬も適宜取り入れている。

 

 

 

2013年 中谷美紀さんの身体の巡りを良くする美容法&健康法

 

ダイエット法

 

ジャイロトニックとストレッチは続けている。
ストレッチは大事。

 

ジャイロトニックとは?
木製の大きな器具を使って、円やらせんを描くような曲線的な動きと呼吸を組み合わせた全身運動。
正しい骨格姿勢をふまえた上で流れるように動き続けることで、関節に負担をかけずにインナーマッスルや内臓まで刺激する。
全身をストレッチしたような気持ちよさと体を楽に動かすことができる感覚を感じることができる。

 

 

食事法・食生活

 

たんぱく質に必須アミノ酸がふくまれているものをできるだけ選ぶ。
必須アミノ酸をとることによって、肌の修復も早くなり、疲れやダメージもあまりなくなる。
他にもビタミンB群は欠かさず朝、昼、晩と摂取する。
ストレスに強い身体と心ができる気がする。

 

発酵玄米を食べる。
お肉は菜食だけでは補えないたんぱく質や鉄分などが豊富で、疲労回復や美肌に欠かせない食材。
牛の赤身を中心に鶏も豚もまんべんなく、バラ肉も食べる。
身体が欲している栄養素を効果的に補うようになってからは、めったに風邪を引かなくなり、倦怠感や頭痛、冷えといった未病やアレルギー症状も緩和された。
ありがたいくらい元気で肌も丈夫になったので、細胞レベルでの改善効果を実感している。
肉食生活で長時間労働に耐えうる身体になった。

 

酵素玄米とは?
玄米を小豆と炊き、3日以上保温して寝かせたもののこと。
お赤飯のようにモチモチの食感で、玄米が苦手な人でも食べやすくて美味しい。また玄米の酵素を活性化させるので、消化も良くデトックス効果抜群で免疫力もアップさせると言われる。そのため健康だけでなく、美容・アンチエイジング効果も高い。

寝かせ玄米とも言われ、健康志向の芸能人に酵素玄米を絶賛する人(石原さとみ・吉瀬美智子・長澤まさみ・水川あさみ・有村架純・ローラ・上戸彩・トリンドル玲奈さんなど)が特に多い。

真鍋かをりさん愛用の生きている玄米玄米酵素ブレンド(酵素玄米専用の雑穀ブレンド)もお薦め。

酵素玄米専用セット(生きている玄米)口コミ使用感想
酵素玄米専用セット口コミ使用感想

 

健康法・アンチエイジング法

 

生活を簡潔にするため、ストレスを抱えない様にするため、部屋はいつもきれいにする。
その方がイライラせず一日を心地よく過ごすことができる。
居場所を清潔にすると心も浄化される。
片付けられた空間に季節の花を飾り、気持ちの良いパワーをもらいながら朝を迎える。
そんな日常を大切にしたい。
朝起きてからと夜寝る前に必ず身体を緩めることと、毎日瞑想の時間をとることは欠かさない。

 

3年ほど前から続けている分子整合栄養医学のおかげで、心身ともに調子は万全。
以前は、時間さえあれば寝ていたかったが、やむをえず2・3時間の睡眠でも仕事場に立てるようになった。

 

治療法は血液検査で不足栄養分をチェックし、高濃度の栄養素を補充するというもの。
処方されるサプリメントを毎日朝昼夜と飲むが、元気になったことを実感できるので量の多さも苦にならない。
意識的に摂取しているのは、細胞の主材料になるたんぱく質、必須アミノ酸のバランスが良い卵は1日2個食べると決め、血糖値の乱降下により様々なトラベルをもたらす糖質は制限している。

 

もともと冷え性だが、血のめぐりを良くするビタミンB群のナイアシン効果で症状が軽減。
真冬でも気にならないようになった。

 

 

美容法

 

顔はもっぱらセルフケアが中心。
日課は朝晩のスキンケアのついでにほぐすリンパマッサージと、寝起きにLPNストレッチポールで背中をほぐしながら同時にする、ローションパック。

 

フェイシャルエステにはあまり行かない。
顔に時間を費やすなら身体の巡りを良くした方が結果として、肌にも効果的。
本来は化粧直しさえ面倒な程のずぼらな性格。
パックやマッサージを気付いた時にしようと思うとほとんどしないので、美容を毎日の習慣にしてシステム化すれば、面倒臭さが軽減され、続けられる。

 

乾燥対策は就寝時のヒートテック。
喉が弱く、肌も乾燥するのでヒートテックのタートルネックに、腹巻き、レッグウォーマーで、就寝時も潤いと熱を逃さない。
ヒートテックのタートルネックを着て寝たら、耳下腺の血行改善により、肌が潤うのを感じて、続けている。

 

今ハマッているのは、バランスの良い食事とサプリメントを組み合わせた分子整合栄養医学に基づいた食事をすること。
疲れにくく、ストレス耐性がついたことを実感している。
野菜もたくさん食べるが、たんぱく質と鉄分は決して欠かさないという意味で、玄米肉食をモットーにしている。
卵は一日2個。
年齢的に肌の艶も気になるので、あえて豚バラ肉や鶏の手羽元などを食べ、脂を摂取したりもする。
冬の肌の乾燥が気にならなかったのは、お肉の脂のおかげかもしれない。

 

 


最新情報 中谷美紀の美容法&ダイエット法TOPはこちら

2006年~2012年 中谷美紀の美容法&ダイエット法はこちら

 

【中谷美紀さん情報】
ミュージシャン坂本龍一さんプロデュースで、歌手デビュー経験あり。
海外一人旅経験も豊富でインドはほぼ一周しており、フランスには一時期アパートを借りていた

フランス語は日常生活に困らないくらい堪能。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

»